人間万事塞翁が馬

昨日あるお寺で新年の会があり、前住職の法話を聴きました。その中に印象深い内容がありました。ある信心のあるあばあさんのお話で、その方のお家では毎日家族揃ってお経を掲げ、お寺さんがみえた時も家族全員でお説教を聴かれていました。そんな中で15才になるお孫さんが急逝しました。それも自ら命を絶ったそうです。息子夫婦は「これだけ家族みんなでお経もあげちゃんとしていたのにこんな事が・・・。もう信仰なんて信じれない!」と言って、一切しなくなりました。初めおばあさんが勧めて始めたものです。でもおばあさんも何も言い換えす事はできなかったというお話です。

 

この結論はなかったように思います。えてして、真宗では戒律的なものはなく、その後このようにしてチャンチャン、めでたしめでたしと終わる話ではありません。聴いている人に問いかけで、それぞれが考える機会を与えられるという形が多いです。

 

でもその時の息子さん夫婦の考えも解ります。特にちゃんとすればする程そう思えるでしょう。「お参りしていたら不幸は起きないなんて甘い甘い!」と一概に言い切ることはできません。私なりに色々考えていたら、「人間万事塞翁が馬」とい故事成語を思い出しました。

 

この話は、昔中国の北方に占いの上手な老人が住んでいました。ある時、老人の馬が胡の方へ逃げてしまった。周りの人たちが気の毒がると、老人は悲しみもせず「この事が却って良い方に転ぶかもしれませんよ」と言う。それからしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさん連れて帰ってきた。近所の人がお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言った。「この事が禍に転じるかもしれません」ほどなくして、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。近所の人たちがなぐさめに行くと、老人は落ち着いた態度で、「いや、このことが幸せになるかもしれません」と言った。約1年後、胡が攻め入ってきた。若者はすべて戦いに行き、その多くが戦死したが、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずにすみ、命拾いをしたのだった・・・『運命は禍から福へ、また福から禍へ変わるもの。幸不幸に定まりはない』・・・という意味です。

 

私なんか何か起きたら、この老人のように落ち着いて考えることはできないでしょう。でもお話を聴くことで、少しでも自分の物差しを変えていく事ができるのではないか、そんな気持ちをもってお寺さんへ伺っています。

大した事じゃありません

人は金儲けや遊ぶ時はどんなに忙しくても文句言いませんが、ボランティアになると何かと言う事が多いです。自分がトップの立場にいるから何にも思わず出来るのかもしれませんが、私はこんな時お寺で知り合ったS子さんの話を思い出します。

 

12月の報恩講前にみんなで別院のお掃除をしました。枯葉を掃きながら、まだ葉の残っている木を眺めて、「せっかく掃除しても明日はまた落ち葉いっぱいかな?」(私) 「何言うとんの!葉が落ちるから、私ら掃除させてもらえるんよ」(S子さん) 「ええ~っ?」(私)  「葉を集めてくれるのは、箒やし」(S子さん) 「箒動かしているのは私たちです」(私)  「あんたは分かっとらんね。マメやでやれるの。やらしてもらえるの」(S子さん)「・・・・・(多少納得)」(私)

 

このS子さんには、本当に学ぶ事が多いです。報恩講の4日間は、3泊詰め所に泊まりです。朝6時半頃行っても、もう泊まりの方4,5人で、本堂の階段拭いたり、境内の掃き掃除、最終日には「楽しかったな~。帰ったらお父さんにありがとうって言おや。又来年も来たいから・・・」   S子さんは70才前、きれいで肌もツヤツヤ、声も元気いいです。でも腰がくの字に曲がってます。農作業の毎日だからでしょう。でもS子さんは言います。「腰が曲がって痛くて辛い事もあったけど、いろいろ見せてもらえた。何1つ無駄なことはない。感謝せんとね」(笑) この人と知り合えた事だけでもお寺に関係しててよかったと思いました。

 

なかなかこんな風にはなれません。でも最近心掛けている事は、何か面倒な事をしなきゃいけない時、ちょっと心配事があった時、「たいした事じゃない」と自分に言ってます。これは何かの本で読んだのですが、森繁久彌さんは、インタビューなどで自分の事を話した後に、「大した事じゃありません」と言うのが、口癖だったそうです。過去の事は案外言いやすいかもしれませんが、私はこの言葉に引かれました。以前にもお話しましたが、自分で自分の振り子を振らないという事と同じです。2000㍍の山と200㍍の山を登る時って、身構え方違いますよね。でも初めの一歩は同じなんです。ワーワー言わずサラッとやりたい・・・でもこれは私のやり方です。

そして人それぞれです。

 

 

年頭にあたって

早、年が明けて5日が過ぎました。アッという間の年末年始でした。でもこのお正月は思い出に残るでしょう。昨年結婚した次男夫婦が30日から4日間帰省しました。そして元旦の夕食は、娘夫婦も揃って全員集合となりました。両親、私たち夫婦、そして長男の9名です。一人っ子の私には、こうやって子供が結婚して家族が増えていく事は、本当に幸せです。兄弟も義理の仲ながら段々親しくなっていく様子を見るのは嬉しいものです。

 

食事をしながら1人1人眺めました。今はみんな幸せですが、長い一生の中では色んな事が起こるでしょう。病気になったり、経済的にこまったり、夫婦仲がおかしくなったり・・・多分色々出てくると思います。そんな事を思っていたら、祖母の話をフッと思い出しました。祖母は10人の子持ちでした。「子供が10人いたら、嬉しい事も10人分、でも辛い事も10人分、いや、それ以上かな・・・?」  いい事も悪い事も全部ひっくるめて受け入れるー家族が増えるという事は自分の懐を大きくさせていく努力がいるように思います。見守ったり、手を差し伸べたり・・・

 

かけがえのない子供たちに私のできる事は何かなと考えてみました。30才を越した子供たちには、手をかす事よりも、私自身が徳を積む事だと思いました。